慢性疾患や特別なケアが必要な子どもたちへの支援ガイド
ー医療・保育・学校のためのクイックリファレンス−

 保育や学校にいる慢性的な健康上のニーズを持つ子どもたちのためのケアプランを準備するための優れた、実用的な、クイックリファレンスです。
 慢性疾患や障害を持つ特別な健康管理ニーズを持つ子どもの医療・保育・教育に真摯に取り組んできたアメリカ小児科学会が総力を挙げて作成したガイドブックの翻訳版です。アメリカの現状を反映しながら日本の情報も注釈で追記いたしました。特定の条件に関する50以上のクイックリファレンスシートは支援の方法に関するガイダンスを提供。わかりやすく丁寧に翻訳された本書は、特別な健康管理ニーズを持つ子どもの治療や支援をされている小児医療・小児保健関係の先生方にケアプランの準備や課題を対処するための具体的で有用な情報を提供いたします。

定価:(本体4,800円+税)
版型:B5/ページ数:276/ISBN:978-4-88924-273-7/発行日:2020年8月/初版






目 次
第1章 序文:特別な医療ケアを必要とする子どもたちへの安全で適切なケア
 ・本書のタイトルについて
 ・本書の概要

第2章 背景
 ・家族、医療従事者、保育スタッフおよび学校教員
  :三方向のコミュニケーション
 ・個別障害者教育法
 (Individuals with Disabilities Education Act,IDEA)
 ・早期介入サービス
 (Early Intervention Services, IDEAのPartC)
 ・特別教育と関連サービス(IDEAパートB)
 ・学年K~12(年長~高校3年生まで)の特別なケアを
  要する子ども

第3章 医療チーム:特別な医療ケアを要する子どものケア従事者
 ・ヘルスコンサルタントの役割
 ・コアチーム
 ・その他のチームメンバー
 ・療法士の役割
 ・メディカルホームの概念
 ・メディカルホームの利点
 ・専門診療医の役割
 ・専門診療医のタイプ

第4章 ケアプラン
 ・ケアプラン:概要
 ・ケアプランが必要な子どもたち
 ・なぜ保育園や学校はケアプランが必要なのか
 ・ケアプランに記載されているべきこと
 ・ケアプランに責任がある人たち
 ・医療従事者の責任
 ・親/保護者の責任
 ・保育者や学校の職員の責任
 ・ケアプランを完成させるためのヒント
 ・学校のためのケアプラン
 ・種類別のケアプラン

第5章 教師と介護補助者のためのケアプラン実施戦略
 ・ケアプランの作成と実施
 ・プログラムへの参加をサポートする保育方針と学校規則の
  モデル化
 ・ケアプランについてのコミュニケーション
 ・学校や保育園での実践や方針の内容

第6章 薬剤投与の問題
 ・連邦法、国家基準、および州規則
 ・看護の委任と投薬
 ・最適な薬剤の投与の実施
 ・ヘルスコンサルタントによる継続的な支援
 ・トレーニングと支援の提唱

第7章 子どもが保育園や学校にいる間に発症する症状への対応
 ・特別な医療を必要とする子ども
 ・保育スタッフと学校職員向けの高度なトレーニング
 ・症状の文書化

第8章 緊急事態に対する計画
 ・個人(子ども)に対する緊急事態の計画
 ・終末期の子どもおよび蘇生を行わない計画
 ・施設プログラムに基づいた緊急事態計画
 ・救急医療サービスに電話する時(および親/保護者に知ら
  せる時)
 ・緊急の医療的注意が必要な状況

第9章 搬送の問題
 ・車両搬送
 ・遠足
 ・歩行の問題

第10章 クイックリファレンスシートの使い方

第11章 クイックリファレンスシート
 ・免疫の異常:概要
 ・アレルギー:概要
 ・アレルギーによる皮膚症状
 ・アナフィラキシー
 ・気管支喘息
 ・注意欠如/多動症(ADHD)
 ・自閉スペクトラム症(ASD)
 ・出血性の病気:概要
 ・小児がん
 ・セリアック病
 (グルテン過敏性腸炎、セリアック・スプルー)
 ・脳性麻痺(CP)
 ・小児の肥満
 ・口唇裂と口蓋裂
 ・嚢胞性線維症(CF)
 ・発達遅滞
 ・糖尿病
 ・ダウン症候群
 ・湿疹(アトピー性皮膚炎)
 ・エーラス・ダンロス症候群(EDS)
 ・胎児性アルコールスペクトラム障害(FASD)
 ・食物アレルギー
 ・脆弱X症候群
 ・胃食道逆流症(GERD)
 ・胃ろう
 ・難聴
 ・心臓の異常:概要
 ・川崎病, 不整脈, 高血圧および心筋症
 ・心構造疾患
 ・肝炎
 ・股関節の問題(発育性股関節形成不全, レッグ-カルヴェ
  ーペルテス病, 大腿骨頭すべり症)
 ・ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症
 ・水頭症とシャント
 ・免疫性血小板減少症
 ・若年性特発性関節炎(JIA)
 ・腎と尿路系の問題
 ・マルファン症候群
 ・ミトコンドリア異常症
 ・筋ジストロフィー
 ・新生児薬物離脱症候群(NAS)
 ・神経線維腫症(NF)・結節性硬化症(TSC)
 ・プラダー・ウィリー症候群(PWS)
 ・早産児:概要
 ・熱性けいれん
 ・無熱性けいれん(てんかん)
 ・低身長
 ・鎌状赤血球症
 ・先天代謝異常症に対する食事療法
 ・二分脊椎
 ・脾臓の問題
 ・気管切開
 ・外傷性脳損傷(TBI)(脳しんとうを含む)
 ・ターナー症候群
 ・膀胱ろう
 ・視覚障害

第12章 文書,紹介状などの見本
 ・特別な医療ケアが必要な子どものための用具・機器
 ・アレルギーおよびアナフィラキシーに関する緊急
  対応プラン
 ・米国障害者法:保育での与薬等に関するよくあるQ&A
 ・学校と家庭における喘息対応プラン
 ・情報公開承諾書
 ・子どもの行動について質問紙
 ・特別な医療ケアが必要な子どものケアプラン
 ・情報公開の同意書と紹介
 ・糖尿病の治療と管理
 ・学校における蘇生措置拒否計画の要点
 ・特別な医療ケアを必要とする子どもの緊急時情報
 ・事故報告書式
 ・健康上の問題がある子どものための情報交換フォーム
 ・投薬管理情報
 ・医薬品事故報告書
 ・発作の対応計画
 ・栄養と食事ケアプラン
 ・与薬の準備
 ・保育ケアの質チェック表
 ・医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPAA)
  上でプライバシー保護された医療情報を子どもの主治医ま
  たはかかりつけ医から取得するための同意書の見本
 ・緊急に医師の診察を必要とする状況
 ・特別なヘルスケアプラン
 ・病状の記録

用語解説
追加参考資料
索引
著者一覧(50音順)
編  集:米国小児科学会
監  修:五十嵐 隆
    (国立成育医療研究センター 理事長)
翻訳編集:窪田 満
    (国立成育医療研究センター 総合診療部 統括部長) 翻  訳:国立成育医療研究センター 総合診療部
     安齋 豪人
     飯島 弘之
     轡田 志穂
     窪田 満
     阪下 和美
     田中 雄一郎
     土田 尚
     中尾 寛
     中村 知夫
     中舘 尚也
     永井 章
      堀川 美和子
     前川 貴伸
     益田 博司
     諸岡 進太郞
     余谷 暢之