最新 子ども保健

第2版を重ね、初版の構成を活かしながら、各章の情報をアップデートしました。さらに、「発達障害」と「小児在宅医療」の新たな項目を設け、『子ども』と触れ合うすべての人、子どもにかかわり、子育てを支援する専門家を目指す人達に必要な知識・最新の情報を含めまとめた1冊となっております。

定価:(本体2,700円+税)
判型:A5/ページ数:437/ISBN:978-4-88924-255-3/発行日:2017年12月7日/第2版






目 次
第1章  子ども保健序論
第2章  発育
第3章  子どもの栄養と食生活
第4章  子どもの心理・知能・情緒・社会性の発達とその保健
第5章  発達障害
第6章  日常生活と環境
第7章  小児在宅医療
第8章  集団の保健
第9章  主な疾病
第10章 主な症状と救急処置
第11章 子どもの保健に関わる法規と母子保健行政
第12章 事故とその対策
巻末資料
索引
著者一覧(50音順)
編著者:澤田 淳
    (京都府立医科大学名誉教授)
    細井 創
    (京都府立医科大学大学院医学研究科小児科教授)
著 者:井上 文夫
    (京都教育大学体育学科教授)
    長村 敏生
    (京都第二赤十字病院副院長/小児科部長)
    木﨑 善郎
    (京都第一赤十字病院小児科部長)
    郷間 英世
    (姫路大学看護学部・看護学研究科教授)
    杉本 徹
    (滋賀県済生会看護専門学校学校長/京都府立医科
     大学小児科学教室名誉教授)
    高野 美由紀
    (兵庫教育大学特別支援教育専攻教授)
    中島 久和
    (京都府立医科大学附属北部医療センター小児科講師)
    長谷川 功
    (はせがわ小児科院長)
    松村 淳子
    (京都府健康福祉部長)
    三沢 あき子
    (京都府乙訓保健所長)
    森本 昌史
    (京都府立医科大学看護学科教授)